2016年06月05日

加藤晴明@中京大学の論文

■紀要など研究誌に書いた論考


「奄美の地域メディアを俯瞰する:音楽メディア編」(予定)
加藤晴明
『中京大学現代社会学部紀要』第10巻第2号、、2017.3.、中京大学現代社会学部

「奄美の地域メディアを俯瞰する:ラジオ放送・ネット編」(予定)
加藤晴明
『中京大学現代社会学部紀要』第10巻第2号、、2017.3、中京大学現代社会学部

32「奄美の地域メディアを俯瞰する:島外メディア編」
加藤晴明
『中京大学現代社会学部紀要』第10巻第1号、、2016.9.、中京大学現代社会学部

31「奄美の地域メディアを俯瞰する:テレビ放送・ビジュアル事業編」
加藤晴明
『中京大学現代社会学部紀要』第10巻第1号、、2016.9.、中京大学現代社会学部

30「奄美の地域メディアを俯瞰する:歴史・印刷メディア編〜奄美と〈地域〉のメディア社会学:その1〜」
  加藤晴明
   『中京大学現代社会学部紀要』第9巻第2号、47-128頁、2016.3.、中京大学現代社会学部

29「地域メディア論を再考する〜〈地域と文化〉のメディア社会学:その3〜」
  加藤晴明
   『中京大学現代社会学部紀要』第9巻第1号、67-114頁、2015.9.、中京大学現代社会学部

28「奄美・島語りメディアに満ちた島〜〈地域と文化〉のメディア社会学:その2〜」
  加藤晴明
   『中京大学現代社会学部紀要』第9巻第1号、33-66頁、2015.9.、中京大学現代社会学部

27「自己メディア論から地域の自己メディア論へ〜〈地域と文化〉のメディア社会学:その1〜」
  加藤晴明
   『中京大学現代社会学部紀要』第9巻第1号、1-32頁、2015.9.、中京大学現代社会学部

26「奄美大島の唄文化と文化メディエーター」
加藤晴明・寺岡伸悟
『中京大学現代社会学部紀要』第7巻第2号、93-126頁、2014.2、中京大学現代社会学部

25「奄美群島・喜界島と文化メディエーター〜文化メディア学の視点から〜」
加藤晴明・寺岡伸悟
『中京大学現代社会学部紀要』第7巻第1号、29-58頁、2013.12、中京大学現代社会学部

24「初期情報社会論の言説空間 -- 1970年代から80年代の社会的想像力を読み直す--」
加藤晴明
『中京大学現代社会学部紀要』第6巻第2号、87-147頁、2013.3 中京大学現代社会学部

23「奄美のうた文化と文化変容論・序説」
加藤晴明・寺岡伸吾
『中京大学現代社会学部紀要』第6巻第1号、19-76頁、2012.3、中京大学現代社会学部

22「奄美における地域メディア研究のための予備考察」
加藤晴明・寺岡伸吾
『中京大学現代社会学部紀要』第6巻第1号、77-110頁、2012.3、中京大学現代社会学部

21「ケータイという自己メディア」
  加藤晴明
  『中京大学現代社会学部紀要』第5巻第2号、31-81頁、2012.3、中京大学現代社会学部

20「メディア・近代・自己 --自己メディアの源流とその転換」
  加藤晴明
『中京大学現代社会学部紀要』第4巻第2号、129-158頁、2011.3、中京大学現代社会学部

19「情報力革命と自己メディア --マスメディアから自己メディアへ」
  加藤晴明
『中京大学現代社会学部紀要』第4巻第2号、103-127頁、2011.3、中京大学現代社会学部

18「ラジオ・パーソナリティ論のための予備的考察」
  加藤晴明
『中京大学現代社会学部紀要』第4巻第1号、133-178頁、2010.12、中京大学現代社会学部

17「メディアとパトリの島・奄美」
加藤晴明・寺岡伸吾
『中京大学現代社会学部紀要』第4巻第1号、81-139頁、2010.12、中京大学現代社会学部

16「ラジオの個性を再考する --ラジオは過去のメディアなのか」
  加藤晴明
『マス・コミュニケーション研究』第74号 3-29頁、2008、日本マス・コミュニケーション学会

15「有線放送電話のアイデンティティ」
〜〈農村型メディア〉論と〈小規模独立メディア〉論の視点から〜
  加藤晴明
『中京大学社会学部紀要』第19巻第2号、2005.3、中京大学社会学部

14「コミュニティFMのアイデンティティ」(査読あり)
〜地域・メディア・自己の連環をめぐるフィールド調査から〜
 加藤晴明
『社会情報研究』Vol.9 No.1 2005(審査あり)、日本社会情報学会

13 「電子ネットワーク時代のプライバシー」(査読あり)
  加藤晴明
『社会情報研究』No.7 2003.5 (審査あり)、日本社会情報学会

12 「メディア空間と社会情報学の主題」
  加藤晴明
『中京大学社会学部紀要』 第15巻第1号、2000.10、中京大学社会学部

11 「視覚メディア経験としてのビデオゲーム」
  加藤晴明
『中京大学社会学部紀要』 第14巻第2号、2000.3、中京大学社会学部

10 「CMC空間と自己物語」
  加藤晴明
『中京大学社会学部紀要』 第14巻第1号、1999.9、中京大学社会学部

9 「情報的現実としての“地域”」
  加藤晴明
『社会と情報』第2号、1997.3、東信堂

8 「パソコン通信をめぐる検証課題」
  加藤晴明
『中京大学社会学部紀要』 第7巻第2号、1993.1、中京大学社会学部

7 「パソコン通信のメディア特性」
  加藤晴明
『中京大学社会学部紀要』 第6巻第1号、1991.7、中京大学社会学部

6 「地域情報化のデザイン・・その(2)」
  加藤晴明
『中京大学社会学部紀要』 第5巻第1号、1990.7、中京大学社会学部

5 「地域情報化のデザイン・・その(1)」
  加藤晴明
『中京大学社会学部紀要』 第4巻第1号、1989.6、中京大学社会学部

4 「自治体情報政策と情報制度」
『中京大学社会学部紀要』 第2巻第1号、1988.1中京大学社会学部

3 「地方中堅都市における都市形成と社会計画」
 加藤晴明
『中京大学社会学部紀要』 第1巻第2号、1987、中京大学社会学部

2 「社会情報学に関する一考察」(共著)
  加藤晴明・日比野省三
『中京大学社会学部紀要』 第1巻第2号、1987.3、中京大学社会学部

1 「情報公開の制度化・運用・課題」
  加藤晴明
『中京大学教養論業』 第26巻第2号、1985、中京大学社会学部

【雑誌】

10「個人と向き合い、社会の変化に合わせて役割を変える“カメレオン”のようなラジオの魅力
『宣伝会議』2011.12.15  084-86頁

9「人はなぜメディアの彼方に愛を夢見るのか」
『月刊少年育成』、通巻626号、2008年5月号、8-14頁

8 「ネットワークの中の対話」
『交流』中部電力株式会社、No.60 2003.6

7 「視聴覚教育からメディア・リテラシー教育へ〜メディア社会における〈大学・メディア・教育の関係〉をめぐって〜」
『中京大学視聴覚センター紀要』最終号、2003年3月

6 「青少年と電子メール文化」
『月刊少年育成』 通巻545号、2001年8月号

5 「IT社会の行方」
『情報処理教育研修助成財団機関誌』 96号 2001年7月

4 「深夜のネット徘徊に潜む“欲望を読む」
『月刊少年育成』 2000年12月号(通算537号)

3 「若者コミュニケーションの行方」
中部電力情報誌『交流』第51号「特集:若者」 2000年2月

2 「情報リテラシーとメディアリテラシー」
『情報処理教育研修助成財団機関誌』84 1996年5月

1 「地域情報化政策に問われていること」
『月刊 東京』1991年6月号 (東京自治問題研究所) 1991年6月

【書評】
2 吉田 純著『インターネット空間の社会学』(世界思想社)
『ソシオロジ』(未刊)

1 『多チャンネル化と視聴行動』(東京大学出版局)
『社会学評論』 179号 平成 6年12月

【調査報告】
2 「インターネット時代の地域メディア」
〜二つの地域メディアとメディアの「担い手」研究〜
電気通信普及財団助成研究、2003.3

1 「都市的ドラマトゥルギーとしての電話風俗」
中京大学社会学部加藤晴明ゼミナール
『メディア文化家研究報告書 第2号 電話コミュニケーション〜若者はなぜ電話をするのか〜』
中京大学加藤晴明研究室 1998年

【学会発表など】

■日本ポピュラー音楽学会・ワークショップ・討論者(2007.12.9:名古屋大学)
ワークショップ「放送メディアとポピュラー音楽」ppt資料   ◎配布資料(Word)
■関西社会学会・学会発表(2006.5.28:金沢大学)
「万博論再考:万博メディアをめぐる文化消費の変容──リピーターの視線からの再考──」(Word)
■日本社会情報学会・学会発表(2005.9.13:京都大学)
「社会的事業としてのコミュニティFM」ppt資料
■日本社会情報学会 中部支部研究会
「コミュニティ放送のディレンマ〜コミュニティFM調査から〜」ppt資料
2004.11.20(土) 13:30〜17:00
名古屋大学 情報科学研究科棟1階 第1講義室
発表20分 質疑10分

【論文紹介】
雑誌:「電子メール文化」論 
雑誌:「IT社会の行方」論
雑誌:「電話風俗〜都市的ドラマトゥルギー〜」
論文:「ビデオゲーム論」
論文:「インターネットと自己物語論」
論文:「社会情報学」
論文:「情報的現実としての地域」
posted by Katoharu at 13:28| 加藤晴明:著作・論文・研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする