2016年06月18日

【フィールド調査のあしあと】

■フィールド調査のあしあと

■2016年の調査・取材

2016/09/05(月)〜16(金):与論島・奄美大島(31回):与論島唄者・民俗村・奄美大島のメディア関係者
2016/08/04(木)〜08(月):徳之島・鹿児島(30回):天城町ケーブルテレビ、徳之島町公民館、南方新社他
2016/06/14(火)〜15(水):沖縄島:沖縄県立芸大K先生・エフエムとよみ
2016/05/04(水)〜08(日):奄美大島(29回):あまみエフエム、瀬戸内ケーブルテレビ、群島情報サイトし〜ま、図書館
2016/04/22(金)〜24(日):沖縄島:FMコザ、FMよみたん、ミュージックタウン
2016/03/10(木)〜14(月):沖永良部島(28回):和泊町公民館、知名町公民館、和泊町歴史民俗資料館、沖永良部芭蕉布工房、沖永良部観光協会、島唄教室主宰者・エラブ・鍋田・前田・福田氏
2016/02/10(水)〜14(日):与論島(27回):中央公民館、観光協会、ライブCaféかりゆし、島唄教室主宰者・池田、舞弦鼓,与論島民俗村、図書館

■2015年の調査・取材
2015/11/12(木)〜16(月):奄美大島(26回):国民文化祭かごしま2015、瀬戸唄ケーブルテレビ
2015/09/03(木)〜13(日):奄美大島・沖永良部島(25回):社会調査実習で瀬戸内町郷土館、エフエムうけん、エフエムたつごう、)、和泊町歴史民俗資料館、沖永良部芭蕉布工房、西村書斎、国頭公民館、川畑民謡研究所、うるま音楽協会
2015/07/02(木)〜06(月):奄美大島(24回):社会調査実習の準備、セントラル楽器、瀬戸内町図書館・民俗資料館、瀬戸内ケーブルテレビ
2015/05/21(木)〜25(月):奄美大島(23回):群島情報サイトし〜ま、瀬戸内町郷土資料館、まちいろ編集室、奄美歌謡研究者K氏、古書店あまみ庵
2015/03/10(火)〜19(木):奄美大島(22回):あまみエフエム、奄美歌謡研究者K氏、笠利中央公民館、古仁屋八月踊り研究会、エフエムせとうち、瀬戸内ケーブルテレビ、龍郷町中央公民館、大和村教育委員会、宇検村教育委員会、瀬戸内公民館、奄美歌謡関係者

■2014年の調査・取材
2014/12/17(水)〜21(日):奄美大島(21回):民謡協会事務局長K氏、あまみエフエム、シマ学発表会、奄美紅白歌合戦、まちおこしフェスティバル朝花節大会
2014/10/23(木)〜27(月):沖縄島:FMよみたん、読谷祭り、FMとよみ
2014/09/02(火)〜07(日):函館:FMいるか
2014/08/13(水)〜21(木):徳之島(20回):ミュージックワイド、闘牛大会、亀津インターネット、徳之島FM普及会、徳之島町郷土資料館、伊仙町歴史民俗資料館,民俗芸能むちたぼり)、ライブハウスMAC
2014/06/26(木)〜30(月):奄美大島(19回):奄美歌謡久永氏、奄美歌謡山田氏、マスコミ城氏、島唄永井氏、島唄森山氏、八月踊富島氏
2014/05/08(木)〜12(月):奄美大島(18回):奄美民謡大会、新民謡村田氏、セントラル楽器
2014/03/8(土)〜18(火):奄美大島・鹿児島(17回):奄美ケーブルテレビ、Nスタジオ、奄美歌謡関係者有光氏・豊氏、奄美通信工業、島唄石原氏・森山氏・片倉氏、小川先生

■2013年の調査・取材 ======================================
2013/11/17(日):尼崎・島唄あそびの会
2013/10/18(金)〜21(月):奄美大島(16回):SSS・夜ネヤ
2013/09/04(水)〜10(火):札幌・二風谷・ニセコ:三角山放送局・アイヌ博物館・ラジオニセコ
2013/08/12(月)〜19(月):鹿児島・奄美大島(15回):片倉先生・松島先生、宇検村・古仁屋八月踊り教室
2013/07/25(木)〜28(日):札幌(三角山放送局・歌謡ショー)
2013906/27(木)〜29(土):札幌(三角山放送局・ラジオニセコ)
2013/06/06(木)〜09(日):宇和島・松山(エフエムがいや)
2013/05/09(木)〜13(月):那覇・久米島・奄美大島(14回):FM久米島・奄美歌謡選手権
2013/03/05(火)〜14(木):鹿児島・奄美大島(13回):群倉・龍郷・大笠利・コシマプロダクション・山田サカエ

■2012年の調査・取材 ==================================================
2012/11/09(金)〜11/11(日):奄美大島(12回):永井三味線教室10周年
2012/09/21(金)〜9/23(日):沖縄島:エフエムとよみ、エフエムレキオなど
2012/09/(木)〜09/14(金):喜界島・奄美大島(11回)文化とメディア
2012/06/28(木)〜7/01/(日):北海道・札幌:三角山放送局、エフエムアップル、FMパンプキン、ラジオニセコ
2012/05/31(木)〜6/03(日):宮崎・鹿児島:エフエム都城
2012/04/04(水)〜04/08(日):沖縄島
2012/03/09(金)〜03/19(月):沖縄島・奄美大島(10回):あまみエフエム・瀬戸内ケーブル他・鹿児島

■2011年の調査・取材 ==================================================
2011/12/09(金)〜12/12(月):石垣島:エフエムいしがき
2011/11/24(木)〜11/27(日):沖縄島:総務省、エフエムレキオ、エフエムとよみ
2011/09/30(金)〜10/02(日):沖縄島:エフエムとよみ
2011/09/09(金)〜9/16(金):鹿児島・喜界島・奄美大島(9回):あまみエフエム他
2011/08/31(水)〜9/4(日):沖縄島:エフエムオキラジ、エフエムコザ、エフエム読谷、エフエムとよみ
2011/06/24(金)〜6/27(月):沖縄島:エフエムニライ、エフエムうるま、エフエムとよみ
2011/04/22(金):犬山、まちの放送室
2011/04/06(水)〜04/10(日):沖縄島:エフエムとよみ、レキオ、エフエムよみたん、、4/9:石垣島:サンサンラジオ
2011/03/05(土)〜03/011(金):奄美大島(8回):メディアと文化調査

■2010年の調査・取材 ======================
2010/09/12(日)〜16日(木):奄美大島(7回):メディアと文化
2010/05/25(金)〜27(日):奄美・・・
2010/05/16(日):新宿、「夜ネヤ島んちゅレスペクチュ」
2010/03/24(水)〜03/30(火):奄美大島(6回):メディアと文化調査

■2009年の調査・取材 ======================
2009/08/10(月)〜08/20(木):奄美大島(5回):メディアと文化調査(加計呂麻島
2009/04/11(土)〜04/11(月):奄美大島(4回):「奄美大島・笠利の「戦績顕彰、慰霊するゆらい」取材
2009/03/03(火)〜03/012(木):奄美大島(3回):メディアと文化調査

■2008年の調査・取材 ======================
2008/09/07(日)〜09/12(土):奄美大島(2回):メディアと文化調査
2008/03/02(日)〜03/06(木):奄美大島(1回):名瀬のコミュニティFM調査
2008/02/25(月)〜28(木):札幌・留萌のコミュニティFM調査
2008/01/31(木)〜02/06(火):沖縄・石垣のコミュニティFM調査

■2007年の調査・取材 ======================
2007/06/07(木)〜10(日):熊本のウェブラジオと三井三池炭坑跡地
2007/03/28(水)〜30(金):熊本のコミュニティFMとウェブラジオ調査
2007/03/11(日)〜15(木):長崎のコミュニティFM調査
2007/03/06(火):葉山エフエム
2007/02/03(土)〜9日(金):札幌・富良野(4と5)・名寄(6と7)・札幌(7と8)

■2006年の調査・取材 ======================
2006/1/5(木)午後  万博リピーターインタビュー(梨子田)

2006/1/4(水)午後  万博リピーターインタビュー(伊藤)

■2005年の調査・取材 ======================
2005/12/26(月)午前 万博リピーターインタビュー(加納)
2005/12/25(日)午後 万博リピーターインタビュー(山田)
2005/12/18(日)午後 万博リピーターインタビュー(森本)
2005/11/11(金)夜:コミュニティFM/FMいるか(函館市)
2005/11/10(木)夜:コミュニティFM/三角山放送局(札幌市)
2005/8/27(土)-28(日):どまつり撮影 3カ所の商店街+港・栄会場
2005/8/29(月)10時〜:多治見市役所 コミュニティFM支援について取材(多治見市)
2005/8/26(金)午後1時:コミュニティFM/京都三条ラジオカフェ(京都市)
2005/5/27(金):コミュニティFM/エフエムいずも(島根県出雲市)
2005/3/11(金):コミュニティFM/やしの実(豊橋市)
2005/3/2(水) :コミュニティFM/エフエムだんぼ(名古屋市)
2005/2/27(月):コミュニティFM/エフエムキャッチ(刈谷市)

■2004年度の調査・取材 =========================
2004/7/29(木)午後:コミュニティFM/コミュニティ放送協議会(東京)
2004/6/4(金)夕方:コミュニティFM/Be FM(八戸市)
2004/6/3(木)夕方〜夜:コミュニティFM/エフエム・アップルウェーブ(弘前市)
2004/6/3(木)昼:コミュニティFM/エフエム・ジャイゴウェーブ(田舎館村)
2004/5/28(金)午後:ラジオ/CBC 
2004/3/30(火):コミュニティFM/三角山放送局(札幌)
2004/3/29(月)
2004/3/28(日):コミュニティFM/エフエムもえる(留萌市)
2004/3/27(土):コミュニティFM/エフエムG' Sky(滝川市)
2004/3/26(金):
2004/3/25(木):コミュニティFM/エフエムいるか
2004/3/24(水):コミュニティFM/エフエムいるか
●2004/3/24〜31:函館・留萌・滝川のコミュニティFM調査)
2004/3/5(金):コミュニティFM/エフエム世田谷(東京)
2004/2/26(木):有線放送電話/東ノ原有線放送室
2004/2/24(火):有線放送電話/名瀬市役所・図書館(名瀬市)商工会議所会長宅
2004/2/23(月):有線放送電話/大洋無線(名瀬市)、
2004/2/22(日):有線放送電話/金峯文化放送所(鹿児島県)
●2004/2/22〜26:鹿児島・奄美大嶋の有線放送電話調査
2004/1/30(金)午後:コミュニティFM/エフエムめーぷる(北広島市)
2004/1/29(木)午後:コミュニティFM/ラヂオノスタルジア(札幌市)
2004/1/28(水)午後:コミュニティFM/さっぽろ村ラジオ(札幌市)
2004/1/27(火)午後:コミュニティFM/エフエムはまなすジャパン(岩見沢)
2004/1/26(月)午後:コミュニティFM/エフエムはまなすジャパン(岩見沢)
2004/1/25(日)午後:コミュニティFM/エフエムはまなすジャパン(岩見沢)
2004/1/24(土)午後:コミュニティFM/エフエムはまなすジャパン(岩見沢)
2004/1/23(金)午後:コミュニティFM/G' Sky(北海道・滝川市)
●2004/1/22〜31:北海道道央県域コミュニティFM調査
2004/1/17(土)午後:有線放送電話/川中島有線(長野市)
2004/1/16(金)午後:有線放送電話/牧村・明願寺(新潟県・牧村)
●2004/1/15〜17:新潟調査

■2003年の調査・取材 =======================
2003/3/23〜29:宮古島・沖縄本島:親子ラジオ調査
2003/2/21(金):コミュニティFM/エフエムいるか
2003/1/26(日)〜2/1(土):根室・釧路・稚内・札幌:コミュニティFM調査

■2002年の調査・取材 ========================
2002年12月12日(木)〜15日(日)三角山放送局で、パーソナリティ・インタビュー(加藤)
2002年10月4日:杉並区役所(情報システム課/区職労)(加藤)
2002年9月16日〜19日:長野県の有線放送電話調査(加藤・坂田)・伊那地方、県北
2002年8月30日〜9月1日:長野県のインターネット調査(加藤・内田)・中川村
2002年7月12日〜17日:北海道のコミュニティFM調査(加藤)・三角山放送局で、パーソナリティ・インタビュー
2002年5月1日〜2日:北海道のコミュニティFM調査(加藤)
・札幌コミュニティFMまつり
・FMアップルで、パーソナリティ・インタビュー
2002年4月3日〜4日:北海道のコミュニティFM調査(加藤)・三角山放送局でパーソナリティ・インタビュー
2002年3月9日〜3月15日:北海道のコミュニティFM調査(加藤・坂田)・稚内→旭川→帯広2局
2002年2月6日(加藤)・函館/FMいるかでパーソナリティ・インタビュー
2002年1月30日〜31日:長野県有線放送電話調査(加藤)・中川村

■2001年の調査 ============================
2001年12月22日〜12月29日:北海道のコミュニティFM調査(加藤・坂田)
・札幌と函館 ・ラジオカロス/三角山放送局/FMアップル/FMいるか
2001年8月27日〜30日:長野県伊那地域の有線放送電話調査(加藤・坂田)
・調査対象地:長野県伊那地方の有線放送電話調査
・市と町と村から一つずつ選出
・加藤晴明と坂田謙司(博士後期課程)の2名で実施
・高森町有線放送農協
・伊那市有線放送農協
・中川村有線放送農協
posted by Katoharu at 09:39| 加藤晴明:著作・論文・研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする